アルペンスキーとスキーの違いや魅力について

ヨーロッパから来たアルペンスキーの魅力を徹底分析

意外と知らないスキーの歴史と概要

アルペンスキーはヨーロッパのアルプス生まれのウィンタースポーツですが、従来のスキーとは何が違うのでしょうか? スピード感が命とも言われているアルペンスキーの特徴だけでは無く、違いを比較しながら説明しています。これから始めたいと考える初心者にも必見の情報です。

アルペンスキーとスキーの違いを公開

スキーと言えばウィンタースポーツの代表で、日本でも数多くの方が楽しんでいます。実はスキーと言うのはかなり歴史が深く紀元前2500年よりも前から、存在している様です。神話にもスキーが登場する事もあり、北欧やアルタイ地方の神話だけでは無く中国や樺太、朝鮮半島の神話にも出る程世界を通してメジャーなスポーツです。
日本では「かんじき」と呼ばれる体重を分散して、雪山でも移動がしやすい様に使われていたスキー靴の様なものがありましたが、正式に日本でスキーが登場したのは1808年に発行された書籍です。そこにはスキーに似た道具を使って滑っている樺太の原住民についての記載がある様です。
スキーはそもそも生活の足として使われていたり、狩りをスムーズに行う為に利用されていたりしたのですが、1870年あたりからスポーツとして親しまれる様になりました。当初は軍隊の訓練としてスキーがあり、スキー部隊もありました。
しかしスポーツ化される事で庶民にも普及しノルウェーでは国技として発展しました。日本にスキーが浸透したのは1902年に起きたある事件がきっかけとなりました。そこから映画で公開されたり、実技指導をしてくれるシュナイダーが来日したりして、1924年の冬季オリンピック大会にスキーが初めて取り入れられました。
ここではそんな歴史深いスキーについて説明しています。ただのスキーでは無く、アルペンスキーと言う新しいジャンルのスキーにスポットを当てているので、よりウィンタースポーツを楽しみたい方は必見です。

アルペンスキーの魅力を学ぶ!

普通のスキーでは味わえないスピード間と疾走感がアルペンスキーの魅力です。他にも細かなルールがありますが、シンプルなので覚えやすいのも魅力の一つです。 ここではアルペンスキーの魅力や特徴に説明しています。 ちなみにアルペンスキーに慣れると普通のスキーでは物足りなくなると言われています。

もっと知りたい!アルペンスキーの大会について

日本ではまだマイナーなウィンタースポーツと言われているアルペンスキーですが、実はオリンピックの種目でもあります。 世界各国で大会が開催され、年々人口も増えつつあります。ちなみに日本でも数年前からアルペンスキーの大会が開催されていますので、その大会にスポットを当てています。

TOPへ戻る